被災時のオーラルケアについて

歯ブラシがない場合のセルフケア

避難所や一時退避地区などで歯ブラシがない場合、食事や食べものを食べたあとにペットボトルのキャップ2杯分程度(およそ30ml)の水やお茶を口にふくみ、口の中をゆすぐようにしてください。このとき、砂糖や糖分をふくむ飲料やお茶はかえって虫歯にかかりやすくなるのでNGです。また、アルコールをふくむ清潔なウェットティッシュで歯の表面や歯と歯ぐきとの境目をこするように拭くのも汚れを落とすのに効果的です。なお、歯周病をお持ちの方で歯ぐきから出血している方、歯ぐきから膿がでている方は口の中をゆすぐ際やウェットティッシュを使う際にはくれぐれもその水やお茶、ウェットツティッシュが清潔であるかどうかをしっかり確認してください。歯ぐきが痛んでいる状態で不衛生な液体や汚れたウェットティッシュを用いると歯ぐきの炎症がひどくなる場合があります。

水が少ないケースでの歯磨きの仕方

水の使用が制限されていたり、水や液体そのものが少ない場合でも30ml程度の水や糖分をふくまない清潔なお茶があれば歯磨きをすることは可能です。水が少ない場合に歯磨きを行う際のブラッシング方法は次のとおりです。まず最初にペットボトルのキャップに換算して2杯分程度の水やお茶(およそ30ml前後)を紙コップなどの容器に用意します。そして、水の中に歯ブラシをつけ毛先を濡らします。毛先が濡れたらいつもどおり歯を磨いてください。このとき、磨いているうちにだんだん毛先がプラーク(歯垢)や食べかすなどで汚れてくるため、その都度清潔なティッシュペーパーもしくはウェットティッシュに歯ブラシの毛先をこすりつけ、汚れを落としてください。ブラッシングと汚れ落としを繰り返しながら歯全体を磨いたら、最後に用意した水かお茶を2、3回に分けて口にふくみ、口をゆすげば歯磨き完了です。

福岡市西区には腕が良い歯医者があります

唾液を分泌させることも大切です

災害時のオーラルケアでは少ない水分でどれだけセルフケアを行えるかが重要であると共に、自浄作用がある唾液を積極的に分泌させることも大切です。唾液には口の中にひそむミュータンス菌(虫歯菌)やその他の細菌を殺す殺菌作用があるほか、唾液の中にふくまれるリン酸やカルシウムは虫歯や酸蝕症によって溶けた歯のエナメル質を修復する再石灰化をうながす作用をもっています。このため、被災地ではキシリトールなど虫歯になりにくい糖分をふくんだガムをかむなどして唾液をだすようにしましょう。また、あごのつけ根あたりを指先で軽く刺激すると唾液線がマッサージされて唾液がでやすくなります。